MENU

首イボは自宅で治療するのは簡単

 

自分で治療する人は多い

 

首イボを治療するのであれば、病院で手術をしてハサミや液体窒素を使った方法があります。しかし、痛みや傷跡が残ることもありますし、別に手術をしなければ治療をしなければいけない訳ではありません。

 

自宅で手軽に治すことはできるのですね。
首にぷつぷつと沢山できる首イボはウイルス性の悪害なものではなく、大抵が角質が皮膚から剥がれずに残った固まりである老人性イボと呼ばれるものです。ウイルスが関係しているのではなく、角質が関係しているだけとなるのでお手入れさえすれば治すことはできるのです。

 

  • 病院へ行くのは面倒
  • 家の近くに皮膚科がない
  • お金をあまりかけたくない
  • 首に20個ぐらいのイボができた。
  • 気持ち悪いし、老けて見えるので治したい

 

これらのどれかに当てはまるのであれば自宅で治すのがおすすめです。手軽にできるので手間も全くかからないんですよ。

 

首イボを自宅で治療するのなら方法は4つ

 

首イボを治療する方法を解説する医者

 

自宅で治療するのであれば、化粧品、漢方、市販薬、オイルのいづれかを使って治していきます。
全てに共通していることなのですが、鍵となるのはヨクイニンと呼ばれる別名はと麦のことです。ハトムギ茶などに使われている植物のことです。

 

ヨクイニンはイボ取り名人って愛称が古くより愛された首イボに有効的な成分で保水力や皮膚の改善を行う効果によって、角質を柔らかくしてターンオーバーと呼ばれる肌の働きを促進させることでイボを取り除くことができます。

 

化粧品を使った方法

 

首イボ用に作られている化粧品が販売されています。

 

ヨクイニン成分の他に角質を剥がす働きを促す保湿成分であるヒアルロン酸などが配合されており、直接、角質が固まってできている老人性イボに塗ることができるのが特徴的です。

 

重点的に有効成分を皮膚に浸透させることができ、人気の化粧品であれば2週間程度で効き目を実感しはじめたと口コミに書かれているのも多いです。大事なのはヨクイニン成分となり、価格が高ければ効果がある訳ではありません。

 

ヨクイニンが配合されているのかと保湿成分が配合されているか、口コミで評判となっているのかから選ぶと失敗せずに済みます。

 

首イボを化粧品で治療する方法と何故効果があるのか

 

漢方を使った方法

 

ヨクイニンが配合されている漢方が販売されています。

 

配合されている成分のほとんどがヨクイニンとなっており、口から摂取することでからだ全体の改善を行っています。そのため、首だけでなく、腕、胸元など色々な部分にぷつぷつがある人におすすめの方法となります。

 

からだの内側からからだ全体を改善する為、完治するまでには少し時間がかかることも多いです。

 

最低でも3ヶ月程度は飲み続けなければいけないと考えておいた方が良いです。

 

首イボを漢方で治療するならヨクイニン!なぜ効果があるのか?

 

市販薬を使った方法

 

薬局やドラッグストアで販売されている市販薬を利用して治療する方法となります。

 

最も有名なものであれば「イボコロリ内服錠」です。
(液体タイプの使用は厳禁となるので必ず間違えないでください)

 

1箱の価格は2000円程度と安いですが10日分となるので1ヶ月で6000円程度かかり、少し費用がかさむ治療方法のひとつです。

 

漢方どうように口から摂取することでからだ全体の改善を行っていきます。そのため、からだのあらゆる部分にある老人性イボに効き目があるのですが、最低でも3ヶ月は飲み続けなければいけないと考えておいた方が良いです。

 

薬局やドラッグストアで販売されているので手軽に入手することができます。

 

首イボに効果的な具体的な市販薬と効き目の理由

 

オイルを使った方法

 

杏仁オイルを使った治療方法です。

 

ヨクイニンと同様に杏仁には首イボのような老人性イボに効果的な成分となっており、杏仁を肌に浸透させることによって、首イボを取り除いていきます。化粧品と同様に通販で販売がされていることが非常に多いです。

 

化粧品と同様に直接イボのある部分に塗ることができるのが特徴となっており、人気のものだと短期間で効き目がでたと口コミに書かれているのも多いです。

 

ただ、化粧品と比べると6000円程度するのがあったりと金額が高くなっているのが多いように感じます。

 

首イボをオイルで治療する方法!何故効き目があるの?

 

首イボを自宅で治療するおすすめの方法は?

 

おすすめの治療方法であれば化粧品を使った方法です。

 

  1. 販売価格が安い
  2. 重点的に改善するので効き目を感じている人が早い
  3. 塗るだけなので手間もない
  4. 予防効果もある

 

以上、4点の理由からヨクイニンが配合された専用の化粧品を使うのがおすすめとなります。

 

老人性イボは首、顔、胸にできやすいとされています。そのため、からだ全体の改善をするのではなく、部分的に重点的に改善を図るようにした方が良いかと思います。

 

また、再発が非常にしやすいとされていますが、化粧品は保湿成分などによってターンオーバーを促進させる効果もあります。そのため、日ごろからしっかりと角質が剥がれるように働きかけることもできるので、予防としての効き目もあります。

 

そのため、化粧品を使って治療する方法がおすすめとなります。

 

人気の首イボを治療する化粧品について

首イボを治療する人気の化粧品はいくつか種類があります。
比較的、人気のものであれば下記の3つです。

 

  1. ぽっつるん
  2. アプリアージュオイルS
  3. 艶つや習慣

 

それぞれ価格も違えば特徴も異なってきます。個人的には艶つや習慣は使ったことがあって、この中でもダントツで価格も安いのでおすすめではあります。
ただ、他の化粧品については使ったことがないので、正直、どれが良いかと聞かれてしまえば困ってしまうかな・・・。

 

自分で治療をすれば費用もかからないですし、毎日塗るだけなのでわざわざ病医へ行く必用もない。
色々なメリットがあるのでおすすめではあります。

 

ただ、デメリットもあって、評判の悪いような化粧品を購入しては効き目がないなんてことにもなりかねないです。
艶つや習慣はおすすめすることができますが、他のを使ってはいないのでどれが一番良いかと聞かれるとわたしには選ぶことができないです。

 

 

首イボ治療センターのサムネイル

 

そのため、実際に使った口コミやそれぞれの特徴を解説しているサイトがあったので紹介しておきます。
首イボ治療センターと呼ばれるサイトで化粧品や薬の口コミが色々と掲載されています。

 

首イボ化粧品でどれを使おうか迷った方は参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

首イボを自宅で治療する方法※首イボ治療センター